一枚の重み、名刺印刷

社会人となって就職した時、まず始めに持つものの代表として、名刺は欠かせな
いですね。
企業を訪問した時、お客様と会う時、自分を紹介するツールでもあり
ますし、そこには様々な情報が詰まったデーターベースとしても機能します。

刺交換をさせていただいた時、その名刺から伝わる事は少なくありません。
最近では、企業でも経費を削減する為に、名刺印刷を自社内のプリンター等を
使って自分で印刷される方も多いようです。
僕も自分で作った事はありますが、
なんとか印刷ができたというレベルのもので、お客様や訪問先にお渡しするには
ちょっと気が引けてしまいます。
名刺一枚が持ってる重みは、簡単に作り出せるものでは無いようです。
簡易な
印刷物としての名刺を作るより、重みのある名刺作りを、専門会社と一緒にな
って作っていく事に投資をするほうが、自分の為にも良いと思います。
デザイン
だけでなく、紙質や厚み、インクの質までじっくりと吟味して作られた名刺は
きっとビジネスで使える武器となり、その思いがそのまま名刺一枚の重みとなっ
て、相手の心に残る物になるでしょう。