シックハウス症候群を調べてみた、基礎知識として

ここ最近シックハウス症候群というものがあります、いつ何時巻き込まれるかもしれませんのでシックハウス症候群を調べてみました。
シックハウス症候群は、新築や改築したばかりの住宅に入居した時や
新しく家具をおいたりした時におきるといわれています。
症状は個人差が大きく、沢山の症状が起こりえます、不眠、喉の痛み、目の痒み、鼻水、臭い、咳、喘息、吐き気、湿疹、肌荒れ、かゆみ、頭痛、めまい、耳鳴り、口が渇く、味覚障害、不正脈、下痢、脚の痺れ、つるなど色々な症状が起こります。
特に室内で強く症状がでる場合は疑うべきです。
シックハウス症候群と感じた時の対処法として
建物内のどこでどのような時に症状がでるのか把握する、その時どう感じたのかも重要です、原因となる事が分かれば対処の手がかりになるからです。
原因が分かれば塵状のダニ・カビ・ハウスダスト等対策を行う。
化学物質の気体状が原因なら換気を良く行い原因物質の溜め込ませず濃度を下げる。
原因となる可能性のものが本当に多いので注意してください。